医療法人 瑞頌会 在宅療養総合支援センター

MENUCLOSE

0567-96-7001(代表)

理念

理念

在宅療養総合支援センターの想い

<在宅療養>とは、高齢者が、住み慣れた自宅や地域で療養しながら長く生活できるよう、また、家族等に囲まれて在宅で最後を迎えることができるように適切な医療、看護、介護等の支援を行うことです。

『在宅療養総合支援センター』には『介護老人保健施設かにえ』を中心に、居宅介護支援事業所・訪問看護リハビリステーション・診療所・通所リハビリテーションが併設されています。『介護老人保健施設かにえ』では、主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護高齢者を受け入れ、自宅などの生活に戻るように包括的な支援を行っています。また、自宅に戻った後も、訪問診療、訪問看護リハビリステーション、通所リハビリテーションが連携して在宅療養者及びその家族が住み慣れたところで、自分らしい生活が送れるように総合的に支援します。

更に、高齢者がなるべく可能な限り長く介護を必要とせず自立した生活を送れるよう、早期の介護予防を健康なうちときから行うことで、老後を楽しく、健康に生きていける地域リハビリテーションを推進します。

センター長よりご挨拶

センター長松崎 安孝

在宅療養
総合支援センター
センター長松崎 安孝

「高齢者が、住み慣れたこの地域で、じぶんらしく暮らせるように支援していきます。」

これが、私たちの一番していきたいことです。

私たちの在宅療養総合支援センターには、老健、ショートステイ、通所リハビリテーション、訪問診療、訪問看護、訪問リハビリステーション、居宅介護支援事業所など、たくさんの組織があり、それぞれの役割を担っています。

多職種協働で、チームで利用者を中心に(医師、栄養士、リハ職、看護職、介護職、介護支援専門員、支援相談員など)すべての職員が台頭に関与していきます。

さらに、地域の医療機関、行政、家族、住民、企業、サ高住、介護・福祉事務所、介護施設などを繋ぎ、地域包括ケアシステムに協力していきます。

館内のご案内、フロアガイド

4F 食堂・談話室、スタッフステーション、洗面、浴室
401、402、403、405、406、407、408、410、411
3F 食堂、洗面、コインランドリー、静養室、診察室、スタッフステーション、
301、302、303、305、306、307、308、310、311
2F 会議室、訪問看護リハビリステーション、クリニックかにえ、
面談室1、面談室2、面談室3、面談室4、
機能訓練室、居宅介護支援事業所
1F 通所リハビリテーション、一般浴室、特殊浴室、面談室、事務所
1F
  • ・通所リハビリテーション
  • ・一般浴室
  • ・特殊浴室
  • ・面談室
  • ・事務所

通所リハビリテーション

通所リハビリテーション

特殊浴室

特殊浴室
2F
  • ・会議室
  • ・訪問看護
    リハビリステーション
  • ・クリニックかにえ
  • ・面談室1
  • ・面談室2
  • ・面談室3
  • ・面談室4
  • ・機能訓練室
  • ・居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所

訪問看護リハビリステーション

訪問看護リハビリステーション
3F
  • ・食堂
  • ・洗面
  • ・コインランドリー
  • ・静養室
  • ・診察室
  • ・スタッフステーション
  • ・301号室、302号室、
    303号室、305号室、
    306号室、307号室、
    308号室、310号室、
    311号室

静養室

静養室

食堂

食堂
4F
  • ・食堂 談話室
  • ・スタッフステーション
  • ・洗面
  • ・浴室
  • ・401号室、402号室、
    403号室、405号室、
    406号室、407号室、
    408号室、410号室、
    411号室

部屋

部屋

スタッフステーション

スタッフステーション

お問い合わせ

在宅療養総合支援センター

〒497-0044 
愛知県海部郡蟹江町大字蟹江新田字佐屋川東48-1

0567-96-7001

0567-96-7001

患者サポートセンター
  • 採用情報 RECRUIT