病院サイトへ

尾張温泉リハビリかにえ病院で働くスタッフインタビュー

一般病棟副主任 勤続7年目

イメージ

仕事と子育ての両立ができてこそ自分らしくいられる私にとって、ここは理想の職場そのものなんです。

以前は急性期病院にいたんですけど、結婚を機に夫の実家近くである蟹江町に引っ越してくることになりました。できるだけ自宅から通いやすい距離にあるということで、ここに入職させていただいたんです。最初はリハビリが中心の病院ということで、今までとはまったく違う環境に驚いてばかりでしたね。急性期にいた頃はその日の仕事をこなすのが精一杯で、患者さんと深く関わることは滅多にありませんでした。ですがここには、一人の患者さんとゆっくり向き合うための時間がたくさんあります。患者さんの体調に合わせてケアの方法を変えたり、自宅に帰ってからのケアについてご家族とも話し合うことができるので、今まで見えていなかった人の内面的な部分が見えるようになりました。知らない土地ということもあって不安な部分もありましたが、今ではここに来ることができて本当に良かったと思っています。

今は一般病棟の副主任として、病棟にいるスタッフと一緒に日々患者さんのケアをしています。最近では後輩看護師の指導にあたることも増えてきたので、一つひとつゆっくりと現場のことを理解してもらえるように心掛けていますね。新人はわからないことがわからないと思うので、まずは報告・連絡・相談を徹底してもらっています。やっぱりチームで仕事をしている現場ですから、お互いに声をかけ合うことができる関係性があった方が仕事もスムーズになるんですよね。あとは技術的なこともそうですが、患者さんへの心遣いや目上の人に対する姿勢といった社会人として必要なスキルを身につけてもらえるよう心がけています。病院が大きくなれば新卒や中途の方も増えてくるだろうし、今後は今よりもっと教育面の制度を充実させていく必要もあると思います。それはきっと看護そのものの質を向上させるきっかけになるはずですから、今までのいいところはそのままに、変わるべきところはみんなの力で変えていきたいですね。

イメージ

実は私、一児の母でもあります。1歳くらいの子にとって、突然熱を出してしまって保育園にいけないなんてことはよくあることで…。普通であれば急なお休みや有給はなかなか取りづらいものなんですけど、かにえ病院には出産と子育てを経験しているママさん看護師がたくさんいます。急に帰らなければいけなくなった時には「わかってるから、気にせずに行っておいで!」と、みんなが気にかけてくれます。働いているスタッフにはいつも本当に感謝しています。仕事と子育ての両立ができてこそ自分らしくいられる私にとって、かにえ病院は理想の職場そのものなんです。

イメージ

この病院は地域密着型の病院なので、アットホームな雰囲気の中で日々の仕事に取り組むことができると思います。スタッフも全員本当に仲が良くて、プライベートな内容で相談の電話をかけられるような人ばかりですよ(笑)。仕事にもゆとりを持って患者さんと接することができるので、仕事をつづけたいと考えている女性の方は、ぜひ一度見学にお越しください。ベテランのママさん看護師のみなさんから、きっと素晴らしい人生談が聞けるはずですよ!

その他のコンテンツ

0567-96-2000

info@kanie-hp.or.jp

尾張温泉リハビリかにえ病院 担当:事務局長 真野康子