病院サイトへ

尾張温泉リハビリかにえ病院で働くスタッフインタビュー

一般病棟介護 勤続6年目

イメージ

介護のプロとして、今できないことができるようになる喜びを与えられる介護士でありたい。

介護士としてかにえ病院でお世話になることになったのは、今から6年ほど前だったと思います。それまでずっと特養に勤務していた僕がここに来たのは、受け身になりがちな介護の現場に違和感をもったことがきっかけでした。介護の資格はそもそも医療的な技術を使用できるものではないので、施設で何か起こった時に入居者さんに何もしてあげられないっていうのがすごく悔しかったんです。ここを見つけた時は正直、介護士が病院で働くっていうイメージがなかなか湧かなかったんですけど、看護師のそばで医療的な知識も学んでおきたいという思いもあって転職することに決めました。

実際に入ってみると、患者さんの年齢層は想像以上に高いことに驚きましたね。だけど今は、その当時よりさらに高齢者のニーズが増えているように感じます。日本全国で高齢化が進む中、蟹江町も例外ではありません。だから、ここで働く介護士には病状の現状維持のためにリハビリをするのではなく、退院後の自立をサポートするためのスキルを磨いてもらう必要があると思います。例えばの話、一人でトイレにいけるのにオムツを履かされて気分がいい人なんていませんよね?嫌なことに慣れさせるという現場本位な考え方では、その人が本来できるはずの可能性を潰してしまいます。僕自身、ある程度の年齢からの現状回復は難しいと思い込んでいたのですが、ここに来ることによってその考えはなくなりましたね。ただ優しいだけの介護は資格がなくてもできます。だから僕はプロとして、今できないことが、できるようになる喜びを与えられる介護士でありたいと思っています。

イメージ

ここは病院なので、患者さんのそばにはいつも看護師の姿があります。医療資格を持たない介護士が集う現場では、基本的に看護師の言うことは絶対です。僕も当時は、何の疑問も持たずに指示されたことをそのまま実行していました。だけどここでは、みんなが“自立”という共通認識のもとでリハビリを行っているので、介護士側から看護師に提案を持ちかけることもできます。むしろ、看護師さんの方から患者さんの様態について相談が来ることもあるので、介護士としてのやりがいは強く実感できますね。あと、最近は若い看護師さんもたくさん増えてきたので、お互いの意見をぶつけ合って患者さんにとって最良のリハビリを考えられる雰囲気もできてきました。あとは各フロアごとに分かれている病棟間のコミュニケーションがもう少し活発になれば、今よりもっと広い視野で患者さんを見ることができるんじゃないかなと思います。新たに生まれ変わろうとしているかにえ病院に入職する新人のみなさんのためにも、各フロアにいる看護師と介護士の連携はさらに深めていきたいですね。

イメージ

全体の割合を見ると男性スタッフは少ないですが、人間関係は本当にいいと思います。みんな自分の時間を大切にしているし、それが守られている環境も整っています。おかげさまで、僕も1歳になる子どもの送り迎えを難なく引き受けることができていますよ(笑)。だからまずは、1日でもはやく現場に慣れて業務を覚えることで、自分らしく働くためのスキルを身につけるところから一緒にはじめましょう。

その他のコンテンツ

0567-96-2000

info@kanie-hp.or.jp

尾張温泉リハビリかにえ病院 担当:事務局長 真野康子