病院サイトへ

尾張温泉リハビリかにえ病院で働くスタッフインタビュー

療養病棟主任 勤続14年目

イメージ

「親切」・「優しさ」・「聞く姿勢」をもって患者さんに接していれば、おのずと結果はついてきます。

療養病院の主任としては、上司とスタッフの仲介役をしています。基本的にはフロアをラウンドすることで患者さんに何か困っていることはないか?と聞いてまわったり、私自身見た目だけでも話しかけやすい空気を出してみたりとか(笑)。みんなが働きやすい環境をつくるための雰囲気づくりは大切にしています。ここで働く前は急性期病院で働いていたんですけど、結婚して名古屋市から夫の実家に近いこちらの病院に移りました。最初この名前を聞いた時は、温泉とリハビリの組み合わせって何?っていう状態だったんですけど、実際には患者さんの家族との関わりがすごく多い現場だというのがすごく印象的でしたね。特に療養は一般病棟よりも長期の入院患者さんが多いので、家族と関わる時間もすごく長いです。私は去年一般から療養に移ったばかりですが、病状をキープするための病棟ではないので、できる限り自立を目指すケアというものをみんなで一緒に考えています。

看護師に必要な力はいろいろとありますが、療養ではまず信頼関係を築くことがすごく大切だと思いますね。看護師であればどこに行ってもその基本姿勢は変わらないと思うんですけど、年単位の患者さんとお付き合いしていく療養では特にその部分のモチベーションはキープしてもらいたいところでもあります。ただ、最初はそれができなくて当たり前です。信頼できる関係づくりには、それなりの時間と根気が必要なんです。新人さんは特に「何とかしてあげたい!」という気持ちが先走ってしまって、看護の本質を忘れてしまいがちです。患者さんには一人ひとりまったく違った個性がありますから、まずはその方の生活背景や性格を知ったうえで個別の対応をしていけるようになれば、自分の看護感は大きく変わってくると思いますよ。「親切」・「優しさ」・「聞く姿勢」を忘もって患者さんに接していれば、おのずと結果はついてくると思いますね。

イメージ

ほんの数年前まで、かにえ病院には「教育制度」と呼ばれるものがありませんでした。ただ、時代の流れとともに病院の規模が大きくなってきた今、みんなが働きやすい現場制度は不可欠です。そこで各病棟の師長が集まり、2、3年ほど前から少しずつ教育システムと呼ばれるものが導入されるようになったんです。そして、今後はさらに女性にとって働きやすい職場であるということを前面にアピールしていくつもりです。ここ数年のうちに、かにえ病院では子育てをしながら働く看護師が増えました。私もここで産休を取らせていただいた一人ですが、復帰後も当たり前のように受け入れてくれた仲間には本当に感謝しています。女性にとっては仕事を続けやすい環境が整っていると言えますね。

イメージ

かにえ病院はこれからますます新しいことを取り入れながら変化していく病院だと思います。今現在も教育制度や外部研修をはじめ、どんどん新しいことを吸収しながら成長しているので、一緒に新しいかにえ病院を創っていってくれるような方に来ていただきたいです。人が多ければ多いほど課題も増えますが、その分、質の高い看護ケアを提供できるというのも事実です。高齢者の気持ちをよく理解し、日々自分の看護に向上心をもって現場に向き合ってくれる看護師さんをお待ちしています。

その他のコンテンツ

0567-96-2000

info@kanie-hp.or.jp

尾張温泉リハビリかにえ病院 担当:事務局長 真野康子