病院サイトへ

尾張温泉リハビリかにえ病院 教育研修計画

教育理念

尾張温泉リハビリかにえ病院は専門看護師として倫理を遵守し、より良い適切な看護サービスを提供するために、個々の看護師が業務に携りながら、生涯教育の研修機会を支援する。社会資源となる必要な能力・技術・態度を身につける看護師を育成する。

基本方針

  • 継続教育を図り、看護師のキャリア開発に努める。
  • 社会や組織から期待される役割を遂行できるように支援する。
  • 社会的資源となる尾張温泉リハビリかにえ病院の看護師を育成する。

教育目標

  • 広く一般的な知識・技術・態度を学び、根拠にもとづく看護実践能力を養う。
  • 専門職としての感性をみがき、倫理的意思決定ができる能力を育成する。
  • 知識・技術・態度を学び、安全な医療・看護が提供できる能力を養う。
  • チーム医療を推進するために看護専門職としての判断力・指導力・調整力を養う。

e-ラーニングによる看護教育支援

尾張温泉リハビリかにえ病院では、学研ナーシングサポートによるe-ラーニングを導入しています。

学研ナーシングサポートは著名な講師によるインターネット配信講義で、24時間いつでも好きな場所で最新の看護情報・技術・知識を得ることができます。

集合研修・自宅学習ともに対応していますので、グループでも個人でも看護力スキルアップを目指していただけます。

この教育システムは、自宅学習が可能ですので、育児休暇中も自己研鑽していただき、復帰後も不安なく仕事についていただくことができます。

詳しくは学研ナーシングサポートホームページをご参照ください。

詳細はこちら

教育指標

レベル1指導や教育のもとで、基本的な看護を安全に実践できる。指導を受けることにより自己の学習課題を見つけることができる。

レベル2看護実践の場面において単独で看護を提供できる。チームリーダー的役割や責務を認識し遂行できる。自己の学習課題に向けた学習活動を展開できる。

レベル3高度な看護活動を実践でき、かつ他社にモデルを示すことができる。自己学習活動に積極的に取り組むのみならず、指導的役割を発揮できる。

レベル4論理的かつ実践的知識を統合して卓越した看護を実践し、所属を超えてリーダーシップを発揮できる。自己の学習活動はもとより組織的な教育・研究活動を主体的に実践する。

その他のコンテンツ

0567-96-2000

info@kanie-hp.or.jp

尾張温泉リハビリかにえ病院 担当:事務局長 真野康子