概要・特長

病院概要

名称 尾張温泉かにえ病院
経営法人 医療法人 尾張温泉かにえ病院
理事長 真野 寿雄
病院長 榊原 敏正
診療科目 神経内科・内科・整形外科・
リウマチ科・リハビリテーション科
老年内科
病床数 118床
・地域包括ケア病棟
・医療療養病棟
・回復期リハビリテーション病棟
付属施設 通所リハビリテーション
所在地 愛知県海部郡蟹江町西之森字長瀬下65-14
TEL 0567-96-2000(代表)
FAX 0567-96-3701

病院の特長

医療設備

最新の医療設備と尾張温泉の名湯で、質の高い心豊かな医療を提供します。
医療の質を向上させる最新の医療設備を導入し、患者さんのニーズにこたえる医療・看護・予防を実現します。
蟹江町では初めて最新の東芝1.5テスラMRIを導入しました。また、16列マルチスライスCT、骨塩量測定器、X線TVなどすべての放射線科機器を最新の機器に更新しました。
また、超音波画像診断装置、経鼻内視鏡など臨床検査機器も充実しています。
これら最新の医療設備を利用した健診センターでは、町民健診・企業健診はじめ地域のみなさまに気軽に健診をお受けいただくことができます。

温泉健康増進棟

100%天然温泉を利用した、温泉浴室と歩行浴プールをご用意しております。 温泉による温熱作用で体の芯まで温まり、筋肉や関節痛をやわらげます。また、筋肉の緊張がほぐれることによってリラックス効果が期待できます。 歩行浴プールでは上記の温泉作用に加え、浮力により体重が軽くなり、関節の負担が減るため、陸上では痛みがある方でも運動がしやすくなります。さらに、水の抵抗性を利用することで、無理のない範囲で筋力訓練が行えます。また、静水圧の作用により下半身の血液循環が良くなり、むくみの改善も期待できます。

ガーデン

病院を訪れるすべてのひとに緑の空間として病院の外まわりと温泉健康増進棟屋上に木とハーブのガーデンを作りました。外周ガーデンにはシンボルツリーとしてオリーブの木を植えました。オリーブの花ことばは「平和・知恵」です。皆さまが住み慣れた地域で穏やかな生活が続けられるよう、また医療・介護にかかわる様々な情報の発信基地として当院が地域に貢献できることを祈りオリーブの木を植えました。

外来

一般的な内科疾患について身近な『かかりつけ医』として、そして、専門外来として神経内科・内科・整形外科・リウマチ科・老年内科・循環器内科・消化器内科を行っています。 最新医療機器による安心な検査と専門医による親切な診療を提供しています。 予約制ではありませんので、午前・夕方の外来時間内の必要なときに受診いただくことができます。

外来のご案内へ

健診センター

企業健診・協会けんぽ健診・町民健診等各種健診を行っています。外来待合室とは別の待合室を用意しましたので、インフルエンザなど気になる病気が流行している時でも安心して健診を受けていただくことができます。男・女各専用のロッカー室もご用意しています。

健診センターのご案内へ

職員のための設備

多職種の職員が恊働して患者さん本位の医療を提供できるようスタッフステーションを中心に配置しました。また職種を超えて勉強会を開くなどコミュニケーションの場として、職員専用図書室をつくりました。

職員食堂

緑につつまれたガーデン沿いに大きな窓の職員食堂を用意しました。調理室で用意した暖かい昼食を食べることも、また手作りのお弁当を食べることもOKです。職員食は一部病院が負担して提供しています。

電子カルテシステム

平成27年4月より電子カルテMI・RA・Isを稼働しました。多職種間で患者さんの情報を共有し、患者さん・ご家族を中心としたチーム医療を推進しています。

職員用駐車場

職員用駐車場を新病院に隣接した土地に用意しています。利用料は病院負担により無料です。2km超の通勤については車での通勤も可能です。